生ゴミ 肥料


今はホームセンターに行くとたくさんの種類の堆肥が売られていますが、これをいつも購入するとなると結構な金額になります。

スポンサードリンク

そこで、毎日でるゴミを堆肥にすれば経費が安くなるだけではなく、エコにもなりますよね。

そこで、用意するのは、生ゴミと発酵させるための堆肥材、そしてそれらを入れる容器、発酵を促進させるための発酵材、これだけ用意すれば簡単に出来てしまうのです。

堆肥材に関しては庭土でもかまいませんし、EMボカシを用いると庭のない家庭でも簡単に堆肥が作れるのです。

ではEMボカシを用いた生ゴミ肥料の作り方を説明していきましょう。

まず水切りした新鮮な生ゴミを容器に入れます。
当然ですがビニールやたばこの吸殻などは入れないように・・・。

卵の殻・貝殻はカルシウムになりますので小さく砕いて入れてください。
その上にEMボカシを均一に振り掛けましょう。

スポンサードリンク

これを良くかき混ぜ、空気を遮断するため、ビニール袋をゴミの上にかぶせ、上から押してゴミの中の空気を出します。
そして、容器に空気が入らないように蓋をしっかり閉めましょう。

この時、日のあたらない場所へ置く事をお忘れなく・・・。

これを生ゴミが出るたびに容器が一杯になるまで繰り返していくわけですが、発酵していくと液体が底に溜まってくるので、まめに取り除いてください。

夏であれば1週間、冬ですと2週間くらいで発酵が完了します。
これで生ゴミ堆肥の出来上がりです。

最初のうちは発酵に失敗してしまうかもしれません。
そのときは畑の何も栽培していない場所に埋めてしまいましょう。
畑の微生物の力で自然と堆肥になってくれますから・・・。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

有機質肥料
有機質肥料という言葉を耳にしたことありますか? この有機質肥料とは、その原料が......
液体 肥料
液体肥料は水肥とも呼ばれています。 その名前の通りの液体の肥料、あるいは固形の......
化成 肥料
化学肥料とは、科学的に合成された無機肥料の事です。 化学肥料で肥料の2要素の1......
有機 肥料
有機肥料とは、原料が動物や植物に由来している肥料の事を言います。 有機質肥料の......
化学肥料
化学肥料とは、科学的に合成された無機肥料の事を言います。 化学肥料で肥料の3要......
米ぬか 肥料
米ぬかは今や、色々なものに使われていますね。 名前は良く聞きますが、米ぬかとは......

▲このページのトップへ