4月に植える野菜12選 初心者でも楽しめる!小スペースで育てるコツ

_d6a4ca0c-5744-418e-8851-2b7fc85ed1cb.jpg

スポンサードリンク

春の訪れと共に、家庭菜園を始めたいと考えている初心者の方々へ朗報です。特に4月は、新しい生活が始まる時期として、何か新しいことを始めるのに最適な月です。しかし、広い庭がないからと諦めていませんか?心配無用です。この記事では、「4月に植える野菜 初心者でも楽しめる!小スペースで育てるコツ」をご紹介します。小さなバルコニーでも、窓辺さえあれば、あなたも美味しい自家製野菜を育てることができます。ビギナー向けに選んだ、失敗しにくい野菜の種類から、限られたスペースでも成長を促すコツまで、手軽に始められる家庭菜園の魅力を存分にお伝えします。さあ、少しのスペースを活用して、豊かな収穫への第一歩を踏み出しましょう。

はじめに:初心者が4月に植える野菜で家庭菜園を始める魅力


春の暖かな光が心地よいこの時期、新しい趣味として家庭菜園を始めることは、多くの初心者にとって魅力的な選択です。4月は、さまざまな野菜を植え始めるのに最適な月であり、新鮮な空気を吸いながら土に触れる喜びを感じることができます。特に、広い庭がなくても、バルコニーや小さな窓辺で簡単に野菜を育てることができるため、限られたスペースでも家庭菜園を楽しむことが可能です。このような小スペースでの栽培は、栽培の基本を学び、実践する絶好の機会を提供し、自家製の野菜を通じて食生活に新鮮さと満足感をもたらします。


春の訪れとともに始める家庭菜園の楽しみ


春がやってくると、自然が目覚める音が聞こえてきます。この季節は新たな始まりを象徴し、多くの人々にとって家庭菜園をスタートさせる絶好の機会を提供します。4月に植える野菜を選ぶことは、初心者にとっても、季節の変わり目を自宅の小さなスペースで直接体験できる素晴らしい方法です。この時期に植えることができるレタス、スナップエンドウ、カブなどの野菜は、比較的簡単に育てることができ、早春の涼しい気候を好みます。家庭菜園を始める楽しみは、ただ食材を育てるだけではなく、生命のサイクルに参加し、自分たちの手で食べ物を作り出す喜びを実感することにあります。芽吹き始める自然とともに、自家製野菜の栽培を始めることは、生活に新鮮な風をもたらし、健康的な趣味への第一歩となるでしょう。


小スペースでも可能!野菜栽培の基本


小スペースでも野菜栽培を楽しむことは十分可能です。多くの初心者が直面する挑戦の一つに、限られたスペースでどのようにして野菜を育てるかという問題があります。しかし、適切な野菜の選択と栽培方法を理解すれば、バルコニー、パティオ、さらには窓辺でも美味しい野菜を育てることができます。栽培の基本を押さえることから始めましょう。

まず、選ぶ野菜はその成長条件とスペースに適している必要があります。例えば、ラディッシュやハーブ類は少ないスペースでも育ちやすく、手軽に始めることができます。次に、土の質は野菜の成長に大きく影響するため、質の良い土を用意し、必要に応じて肥料を加えて栄養を補給します。また、適切な水やりは栽培の成功の鍵であり、土が乾燥しないようにしつつ、過水には注意が必要です。

このように、基本的な知識と注意を払うことで、初心者でも小スペースで効率的に野菜栽培を楽しむことが可能になります。野菜栽培は、自然とのつながりを感じられる素晴らしい方法であり、限られたスペースでも始めることができるのです。

4月に植える野菜の選び方:初心者向けガイド


4月に植える野菜を選ぶ際には、初心者でも簡単に取り組めるような種類から始めることが重要です。この時期には、気候の変化に強く、成長期間が短い野菜を選ぶことが成功のカギとなります。野菜には大きく分けて実を食べる実野菜、葉を食べる葉野菜、そして根を食べる根野菜があり、それぞれ育てる環境や管理方法が異なります。実野菜ではトマトやピーマンが、葉野菜ではレタスやほうれん草が、根野菜ではにんじんや大根が4月に植えるのに適しています。

また、限られたスペースでも栽培を楽しむことができるプランター栽培に適した野菜も多くあります。プランターでの栽培には、成長の早いサラダ菜やハーブ類、小型のトマトやイチゴなどがおすすめです。これらの野菜はスペースを有効に活用しながら、手軽に家庭菜園を始めることができるため、初心者には特に向いています。

4月に植える野菜の選び方を理解し、自分のライフスタイルや利用可能なスペースに合わせて適切な野菜を選ぶことで、家庭菜園の楽しみを最大限に引き出すことができます。


実野菜、葉野菜、根野菜の違いとは?


野菜を選ぶ際には、その種類を理解することが大切です。一般的に、野菜は実野菜、葉野菜、根野菜の三つに大別されます。これらの分類は、私たちが主に食べる野菜の部位に基づいています。

実野菜は、その名の通り、植物の実の部分を食べる野菜です。トマトやピーマン、ナスなどがこのカテゴリーに含まれます。これらの野菜は、一般的に太陽光をたっぷりと浴びて育ち、甘みや風味が強い特徴があります。

葉野菜は、葉の部分を食用とする野菜のことを指します。レタスやほうれん草、キャベツなどが葉野菜にあたります。これらは、ビタミンやミネラルを豊富に含んでおり、サラダや炒め物など、さまざまな料理に利用されます。

根野菜は、地下の根や塊茎を食べる野菜のことです。にんじんや大根、じゃがいもが代表的な例です。根野菜は、エネルギー源となる炭水化物を豊富に含み、様々な料理のベースとして重宝されます。

4月に野菜を植える際、これらの違いを理解することで、自分の好みや栽培環境に合った野菜を選ぶ助けになります。それぞれの野菜が持つ栄養価や育てやすさ、使用する料理を考慮しながら、家庭菜園に取り入れる野菜を選んでみてください。


プランターで育てられるおすすめ野菜12選


プランター栽培はスペースが限られている方や初心者にも手軽に始められる方法です。ここでは、4月に植えるのにおすすめの野菜を12選ご紹介します。

1.

ミニトマト

日当たりが良ければプランターでも豊富に実をつけます。水やりと定期的な肥料が重要です。
2.

ラディッシュ

成長が早く、種まきから約4週間で収穫できます。水はけの良い土を好みます。
3.

リーフレタス

切っても次から次へと葉が生えてくるので、何度も収穫できます。乾燥に注意してください。
4.

ほうれん草

涼しい気候を好むので、春のプランター栽培に適しています。こまめな水やりを心がけましょう。
5.

クレソン

水耕栽培も可能で、サラダやスープに最適な葉野菜です。清涼感ある風味が特徴です。
6.

バジル

ハーブの中でも育てやすい部類で、日光を好みます。料理のアクセントに最適です。
7.

パクチー

連続して収穫したい場合は、数週間おきに種をまくと良いでしょう。強い日差しは避けます。
8.

イチゴ

春に植えれば、初夏から夏にかけて収穫できます。定期的な水やりと肥料が必要です。
9.

ナス

プランター栽培に適していますが、支柱が必要になることも。暖かい場所を好みます。
10.

キュウリ

ツルを這わせるスペースが必要ですが、プランターでも栽培可能。水分を好むので、乾燥に注意してください。
11.

ピーマン

日当たりと水はけの良い場所を選びましょう。比較的育てやすい野菜です。
12.

ズッキーニ

成長が早く、収穫までの期間も短いため、初心者にもおすすめ。定期的に水やりをしましょう。

これらの野菜は、初心者でもプランターで簡単に栽培でき、4月の植え付けに適しています。それぞれの野菜に合った環境を整え、日々のお手入れを楽しみながら、家庭菜園を始めてみましょう。

プランター栽培の始め方:4月に植える野菜の育て方

プランター栽培は、限られたスペースでも野菜を育てることができる素晴らしい方法です。4月に植える野菜を選び、プランターでの栽培を始める際には、いくつかの基本的なステップを踏むことが重要です。

まず、適切な土の選択と準備が肝心です。野菜栽培用の土は、水はけと保水性のバランスが取れているものを選びましょう。土をプランターに入れる前に、適切な量の有機質肥料を混ぜ合わせ、栄養豊富な環境を作り出します。

次に、種まきや苗の植え方を理解することが大切です。種は土の表面にまんべんなく撒き、薄く土をかぶせて水やりをします。苗の場合は、根がしっかりと土に接するように植え付け、土を固めてからたっぷりと水をやります。

水やりと肥料は、プランター栽培の成功に不可欠です。土が乾燥しないように定期的に水を与え、生育期間中には液体肥料を定期的に追加して栄養を補給します。しかし、過剰な水やりや肥料は根腐れの原因となるため、注意が必要です。

これらの基本に従いながら、4月にプランターで野菜を育てる業務に取り組むことで、限られたスペースでも豊かな収穫を楽しむことができます。

これらの3つの重要な事柄について、もう少し掘り下げてご紹介しますので、理解を深めて下さいね。

土の選び方と準備方法

プランターでの野菜栽培を成功させるためには、適切な土選びが欠かせません。良い土は、野菜の健康と成長の基盤となるため、4月に植える野菜の種類に合わせて、最適な土壌を選ぶことが重要です。

まず、野菜栽培に適した土は、排水性と保水性のバランスが良いものを選びます。水はけが良すぎると水分がすぐに流れ出てしまい、逆に保水性が高すぎると根が腐りやすくなります。市販されている野菜栽培用の土は、このバランスが考慮されているため、初心者には特におすすめです。

土をプランターに入れる前に、有機質のコンポストや腐葉土を混ぜることで、土壌の栄養価を高めることができます。これらの有機物は、土の構造を改善し、野菜の根に必要な酸素を供給するのに役立ちます。また、土壌のpH値を確認し、野菜の種類に合わせて調整することも重要です。一般的に野菜は、pH値6.0から7.0の範囲で最もよく成長します。

プランターに土を入れる際は、底に穴が開いていることを確認し、過剰な水分が排出されるようにします。底面には、水はけを良くするための軽石や鹿沼土を敷き詰めると良いでしょう。

これらの準備を整えることで、4月に植える野菜が健康的に育つための理想的な環境を作り出すことができます。適切な土選びと準備方法を実践することで、プランター栽培の楽しさと成功を実感できるでしょう。

種まきや苗の植え方の基本

プランターでの野菜栽培を始める際に、種まきや苗の植え方は非常に重要な工程です。4月に植える野菜に適した方法を理解し、適切に実行することが、健康な野菜を育てるための第一歩となります。

種まきを行う場合、まず種の大きさに応じて適切な深さに種をまくことが重要です。一般的には、種の大きさの約二倍の深さが目安とされます。種をまいた後は、軽く土で覆い、水をやります。この際、土を固く押さえつけないように注意し、種が十分に呼吸できるようにしてください。

苗の植え付けには、苗の根がスムーズに広がれるように、プランターに十分なスペースを確保します。苗を植える前には、根鉢を崩さないように優しく取り扱い、植え穴には根が自然に広がるように若干大きめに作ります。苗を植えた後は、根元周りをしっかりと土で覆い、土が乾かないように水やりを行います。

種まきや苗の植え付け時には、過湿に注意し、水やりは土の表面が乾いたら行うと良いでしょう。また、プランター栽培では、土の乾燥が早いため、定期的な水やりが必要になります。栄養補給のために、成長期には液体肥料を定期的に与えることも忘れずに行いましょう。

これらの基本に従うことで、4月にプランターで野菜を植える際にも、健康的で豊かな成長を促すことができます。正しい種まきや苗の植え方をマスターすることで、初心者でも成功のチャンスが大きく広がります。

水やりと肥料のコツ

プランター栽培で4月に植える野菜を健康的に成長させるためには、水やりと肥料の適切な管理が欠かせません。これらの要素は野菜の成長に直接影響を及ぼし、適切な方法で行うことが収穫量と品質を左右します。

水やりに関しては、プランターの土の乾燥具合を常にチェックし、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えることが基本です。しかし、水の与え過ぎは根腐れの原因となるため、土の湿度を適切に保つことが重要です。特に、春の気候は日によって温度差が大きくなることがあるため、その日の天候や土の状態に応じて水やりの量を調節しましょう。

肥料については、野菜の種類によって必要な栄養素が異なるため、使用する肥料を選ぶ際にはその野菜の肥料要求を考慮する必要があります。一般的に、成長初期には窒素を多く含む肥料を、花や実をつける時期にはリン酸やカリウムを多く含む肥料を与えると良いでしょう。また、プランター栽培では土の栄養が消耗しやすいため、定期的に液体肥料を与えることで、野菜が必要とする栄養を補給します。

このように、水やりと肥料の適切な管理は、プランターで4月に植える野菜を育てる上で非常に重要です。適切な水分と栄養の供給を心がけることで、健康で豊かな収穫を楽しむことができるでしょう。

4月に植える野菜の育て方:具体的なコツとポイント

4月に植える野菜をうまく育てるためには、いくつかの具体的なコツとポイントがあります。これらを押さえることで、健康な野菜を育て、豊富な収穫を得ることができます。

まず、土の選び方と準備が基礎となります。野菜に適した土は、排水性と保水性がバランスよく、栄養分をしっかりと含んでいるものを選びましょう。土壌の状態を良くするために、有機質コンポストや腐葉土を混ぜ込むことが推奨されます。

次に、日当たりと温度の管理が重要です。多くの野菜は、十分な日光と適切な温度が成長に欠かせません。場所によっては、日陰になる時間帯を考慮し、最大限の日照を確保するための配置を計画する必要があります。また、春の寒い夜には、軽い霜から苗を守るための保護措置も必要です。

病害虫対策とトラブルシューティングも、野菜栽培の成功には不可欠です。定期的に植物の健康をチェックし、異常が見られた場合は早期に対処することが大切です。自然に優しい方法として、病気予防のために適切な距離で植える、病害虫に強い品種を選ぶ、天敵を利用するなどの手段があります。

これらのポイントを実践することで、4月に植える野菜の育成において、健康で生き生きとした植物を育てることが可能になります。土の準備から日当たり、温度管理、病害虫対策に至るまで、一つ一つのステップに注意を払うことが、豊かな収穫への鍵となるでしょう。

日当たりと温度管理

4月に植える野菜の育成において、日当たりと温度管理は成長の鍵を握ります。この時期には、春の温かい日差しを最大限に利用しつつ、まだ寒い夜から植物を保護することが重要です。

日当たりに関しては、野菜によって必要な日照時間が異なりますが、一般的には1日に6時間以上の直射日光が理想とされます。プランターや植木鉢を使用している場合は、日中の太陽の動きに合わせて位置を調整し、可能な限り多くの光を受けられるようにすると良いでしょう。

温度管理については、特に夜間の低温が懸念される初春に注意が必要です。野菜の苗が霜害を受けないように、予報で寒さが予想される夜は、不織布やビニールで覆うなどの対策を講じましょう。また、日中の温度が高くなりすぎると、植物にストレスを与える可能性があるため、適度に風通しを良くして過熱を避けることも大切です。

このように、4月に植える野菜の健全な成長を促すためには、日当たりと温度の両方を適切に管理することが不可欠です。植物の種類に応じて必要な環境を整え、春の変わりやすい気候に柔軟に対応することで、豊かな収穫につながる健康な植物を育てることができます。


病害虫対策とトラブルシューティング

4月に植える野菜の育成過程で避けて通れないのが、病害虫の問題です。効果的な病害虫対策と迅速なトラブルシューティングは、健康な野菜を育てる上で欠かせない要素となります。

まず、病害虫の予防策としては、適切な植物の配置が重要です。適切な距離を保って植物を植えることで、通風を良くし、湿度の高い環境を避けることができます。これは、多くの病気が高湿度で発生しやすいためです。また、健康な土壌を維持することも予防につながります。有機物の追加や、必要に応じて土壌のpH値を調整することで、病害虫に強い植物を育てることができます。

病害虫が発生した場合の対策としては、まずは手動での除去を試みることができます。小規模な被害であれば、手で虫を取り除くことが最も簡単で環境に優しい方法です。また、天敵を利用することも一つの方法です。例えば、アブラムシにはてんとう虫が効果的です。

化学的な病害虫駆除剤の使用は、他の方法でコントロールできない場合の最終手段と考えるべきです。可能であれば、環境に優しい生物学的または有機的な製品を選び、使用説明書に従って慎重に使用してください。

トラブルシューティングには、定期的な植物の観察が不可欠です。葉の変色や変形、成長の遅れなど、異常の早期発見が重要です。問題を早期に発見し対応することで、被害を最小限に抑えることができます。

これらの病害虫対策とトラブルシューティングのポイントを実践することで、4月に植える野菜を健康に育てることが可能になります。予防と早期対応が、豊富な収穫への鍵となります。

4月に植えた野菜の成長と収穫時期

4月に植えた野菜の成長を見守り、収穫の季節を迎えるのは家庭菜園の大きな喜びの一つです。収穫を楽しむためには、野菜が最適な成熟度に達した時を見極め、適切な方法で収穫することが重要です。また、収穫後の野菜を新鮮な状態で保つための保存方法も知っておく必要があります。


収穫のタイミングと方法

4月に植えた野菜の収穫時期は、その成長と熟成を見極める喜びをもたらします。収穫のタイミングは野菜によって異なり、最適な状態で収穫することが重要です。たとえば、サラダ用の葉野菜は、葉が柔らかく、色鮮やかなうちに収穫するのが理想的です。一方、トマトやナスなどの実をつける野菜は、色づきが完了し、適度な硬さになった時が収穫のサインです。

収穫方法にも注意を払いましょう。葉野菜は株の外側から葉を摘み取ることで、植物がさらに葉を生産することを促します。これにより、一つの植物から複数回収穫を楽しむことができます。実物野菜の場合は、実を植物から傷つけないように慎重に摘み取ります。根菜類は、土をやさしく掘り起こして収穫します。この際、根や球根を傷つけないように注意が必要です。

収穫のタイミングと方法を適切に実行することで、栄養価が高く、味の良い野菜を最大限に楽しむことができます。収穫は、植え付けから世話をしてきた野菜を味わうための最終段階であり、その過程全体を通じて、家庭菜園の楽しみを十分に味わうことができるでしょう。


収穫後の野菜の保存方法

4月に植えて丹精込めて育てた野菜の収穫は、家庭菜園の大きな喜びの一つです。しかし、収穫した野菜を新鮮な状態で長く保つためには、適切な保存方法が必要になります。収穫後の野菜を上手に保存することで、栄養価を保ちながら、長期間にわたりその美味しさを楽しむことができます。

葉物野菜の場合、まずは軽く水洗いして土や汚れを落とし、その後、キッチンペーパーで水分を拭き取ります。湿った状態で保存すると腐敗の原因になるため、ビニール袋に入れる前にしっかりと乾かすことが重要です。袋に少し空気を含ませて封をし、冷蔵庫の野菜室で保存します。

根菜類は、土をブラシなどで優しく落とした後、乾燥させます。そして、通気性の良い布袋や紙袋に入れて、冷暗所で保管すると良いでしょう。直射日光や高温を避けることが、根菜類を長持ちさせるコツです。

トマトやキュウリなどの実物野菜は、室温で保存することで熟成を促し、味を良くすることができます。ただし、熟し過ぎないように注意し、食べ頃になったら冷蔵庫に移し、消費を早めにすることが望ましいです。

野菜によって最適な保存方法が異なるため、それぞれの特性を理解し、適切に対応することが重要です。収穫後の適切な保存方法を実践することで、収穫の喜びをより長く、より多く味わうことができるでしょう。


このように、4月に植えた野菜の成長を見守り、適切なタイミングで収穫し、適切な方法で保存することで、収穫の喜びを最大限に享受することができます。新鮮な自家製野菜を食卓に並べることは、家庭菜園の大きな魅力の一つであり、健康的な生活にも貢献します。


まとめ:4月に植える野菜で家庭菜園を始めよう

4月に植える野菜で家庭菜園を始めることは、多くの喜びと将来への期待をもたらします。この季節から始めることで、春の温かみを感じながら、新鮮な野菜を自分の手で育てる楽しみを味わうことができます。

家庭菜園で得られる喜びは計り知れません。自分で育てた野菜を収穫する瞬間は、大変な労力が報われる瞬間であり、その野菜を使って料理をすることは格別の味わいをもたらします。また、日々の世話を通じて、植物の成長過程を観察することで自然のリズムや生命の不思議を学ぶことができるのです。


家庭菜園で得られる喜びとは?

4月に植える野菜で家庭菜園を始めることは、身近な自然との繋がりを再発見し、生活に新たな喜びをもたらします。この喜びは、単に野菜を育てる行為を超え、健康的な生活への第一歩となり得ます。

家庭菜園では、種をまき、芽が出るのを待ち、成長を見守り、そして収穫するという一連の過程を通じて、生命の不思議と季節の変化を肌で感じることができます。自分の手で育てた野菜を食べることは、市販の野菜とは比べ物にならないほどの満足感を得られます。また、家族や友人と収穫を共有することで、コミュニティとの絆を深めることもできるのです。

家庭菜園は、日々のストレスからの解放を提供し、心身の健康に寄与します。土を触ることで心が落ち着き、野菜を育てる過程で達成感や自立心を養うことができます。また、自給自足の喜びを知り、食に対する意識が変わることも大きなメリットです。

4月に植える野菜から始める家庭菜園は、忍耐と愛情を育み、生活に彩りを加えます。自分で育てた野菜の味は格別で、その過程で得られる学びや経験は、生涯にわたっての宝物となるでしょう。家庭菜園は、自然との調和の中で、健康的で充実した生活を送るための素晴らしい方法なのです。


今後の家庭菜園の展望

4月に植える野菜で家庭菜園を始めることは、ただ野菜を育てる以上の意義を持ちます。これは、持続可能な生活への一歩であり、今後の家庭菜園の展望において、さらに多くの可能性を秘めています。


今後の家庭菜園では、環境への配慮をさらに深める方向へと進化していくでしょう。例えば、有機栽培の方法を取り入れることで、化学肥料や農薬に頼らない野菜作りが一般化するかもしれません。これにより、健康にも環境にも優しい菜園が広がることになります。

また、都市部でも家庭菜園を楽しむための工夫が進むことが期待されます。屋上やベランダ、室内でのスペースを有効活用する栽培方法や、水耕栽培などの新しい技術を取り入れることで、限られた空間でも多様な野菜を育てることが可能になります。

家庭菜園は、地域コミュニティとのつながりを深める役割も担います。収穫物の交換や共同での栽培スペースの運営など、地域住民同士で協力し合うことで、より豊かな家庭菜園が実現するでしょう。これにより、人々は互いに支え合い、地域の絆を強化することができます。

さらに、家庭菜園から学んだ知識や技術を活かし、自給自足の生活や持続可能な食文化に貢献することも、今後の展望の一つです。自分たちの手で育てた野菜を基にした食生活は、食に対する意識を変え、未来への責任を感じさせてくれます。

4月に植える野菜から始める家庭菜園は、単なる趣味の域を超え、健康、環境、コミュニティ、そして未来への貢献につながる大きな一歩となり得るのです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ベランダでのガーデニングのコツ
ベランダでのガーデニングのコツ いい季節になって来ましたね。 ガーデニングに持っ......
ガーデニングの季節が到来しました
 ガーデニングの効果  ガーデニングには様々な効果があります。  現代人は何かと......
トマトが豊作でした
トマトが豊作でした。  我が家の庭では毎年トマトを栽培しています。今年はとても沢......
ガーデニングは体力勝負
ガーデニングは体力勝負 ガーデニングは楽しいものです。 柔らかな太陽の光と戯れた......
ベランダしかない場合は?
ベランダしかない場合は? ガーデニングは文字通り庭がある人だけしか楽しめないので......
冬におススメの花
冬におススメの花  秋の紅葉が終わって、これからちょっとさびしい季節に突入という......
緑のカーテン
緑のカーテン  節電の影響もあり、緑のカーテンを取り入れるご家庭も増えて来ました......
キノコが生えてきたらどうする?
 家庭菜園をしていると、いろいろな面白いことが起こります。  普段は簡単に手に入......
3月に植える野菜 プランターで簡単ベランダ菜園の楽しみ方!
春の息吹が感じられる3月、小さなバルコニーでも、プランター一つで始められる野菜作......

▲このページのトップへ


家庭菜園 VS 紫外線

家庭菜園と美白を両立。
3つのステップ
お試し 1,890円!

↓↓ CLICK ↓↓


シミ


HOME

携帯版のQRコード

初心者でもすぐわかる!簡単家庭菜園とガーデニングのコツ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://my-gardeny.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。